妊娠21週目、折り返し地点です。

妊娠も21週目になるとますますお腹は大きく、胎動もどんどん活発になります。しかしちょうど頃頃から、妊婦さんの身体には大きな変化が出てきます。まず「妊娠線」に悩まされる方が多いのもこの時期です。妊娠線が出来るかどうかは、個人の体質によるところが多いのですが、対策としては乾燥させない事です。お風呂あがりなどにローションをつけて優しく肌を保護してあげる事である程度は防げると言われています。そして腰痛の訴えが多くなるのもこの時期です。もともと腰痛持ちの方は、早めにかかりつけのドクターに相談した方がよいでしょう。市販のガードルを使うとかなり軽減されます。そして浮腫みもひどくなってきて尿たんぱくの検査にひっかかる方も少なくありません。塩分と糖分を控えて、水分補給をしっかりしてコントロールする必要があります。妊娠も折り返し地点です。残り半分のマタニティライフをしっかり楽しむためにも自分で出来るケアは怠らないようにしましょうね。

妊娠21週目のマタニティライフ

妊娠21週目は6ヶ月目にあたります。つわりも収まっている人がほとんどです。食欲がでてきてたくさん食べたくなる時期ですが、体重が増えすぎないように注意が必要です。体型も妊婦らしく、お腹もふっくらとしてきます。薄着になるとお腹が目立つ人もでてきます。赤ちゃんもどんどん大きくなっています。このころには、体重400グラムくらいになっています。体重には個人差があるので、あくまでも目安程度です。胎動もわかるようになってくる人が多いです。妊婦のもともとの体型や、赤ちゃんの大きさなどによって、胎動の感じ方は異なります。まだわからない場合でも心配しすぎないようにしましょう。便秘や胸の張りなど、マイナートラブルは相変わらずあります。お腹が大きくなるにともない、それ以外にも腰痛や股関節痛なども起こりやすくなります。気になる症状は主治医に早めに相談しましょう。

妊娠21週目の赤ちゃんの大きさについて。

妊娠21週目になると妊娠されている方のお腹の中に要る赤ちゃんは目に見えて感じられるほどに大きくなってきます。身体の大きさとしては190ミリほどから250ミリといった体長、体重は300グラムから500グラムの大きさになります。21週目の時点でこれくらいの大きさとなると驚かれるかもしれませんが、出産されるまでには今の何倍も大きくなっていくことになります。また、お腹の中にいる赤ちゃんは子宮の中を自由に動き回ることができます。自由に動き回ることができるので頭と足が逆向きになってしまっているという赤ちゃんも多いです。心配に感じられるかもしれませんが、出産するときまでには頭がきちんと下の方の向きになっていくようになります。つまり、逆向き状態が本来の向きに戻ることがほとんどなので、心配される必要はありません。